Latest Posts

異業種交流会の流れ

異業種交流会に参加するのは初めてなので、どのような流れになっているのか知りたいという人も多いでしょう。そこで一般的な異業種交流会の流れを紹介させていただきます。まずは会場に到着したらすぐに行うことなのですが、開始時間より早く来る人が多くなっています。そのため、全員揃うまでは名刺交換などを行うのが一般的です。人数が集まったら、1人ずつ自己PRタイムを行います。

会場によっても異なりますが、大体自己PRタイムは1分間ぐらいとなっています。簡潔にまとめてよい印象を与えられるようにしないといけません。気になったビジネスマンがいたら、発言内容などをメモしておくとよいでしょう。PRが終わったら、後は気になった人にあいさつをして、名刺を交換します。PR後は基本的に自由な交流の場となるので、積極的に相手を探していきましょう。

よい出会いがあったので帰りたい場合や、急に用事が入った場合でも、自由に途中退室が可能です。時間になったら担当者がお知らせするのが一般的なので、時間を気にする必要はないでしょう。これが異業種交流会の主な流れになっています。参加する会場によっては多少変わっていることもあるのですが、それほど大きく変わることはありません。変わっているのは時間帯と会場の場所ぐらいでしょう・

駅から近いのが一般的

異業種交流会の多くは、駅から近くなっているのが一般的です。また、比較的便利な駅の近くが多くなっています。なぜならできるだけ多くの人が集まらないと、出会いが全くなくなってしまうからです。出会いがなければ、当然お金を支払ってまで参加するという人はいません。それに対して便利な駅であれば、遠くからでも参加したいと思う人がいますし、多くの人が集まれば、それだけ出会える人の数は増えます。

だからこそ便利な駅周辺で行われることが多いですし、日本で最も人口が多い東京都内で行われることが多いのです。東京都内でも23区内で行われることが多いでしょう。23区内であれば地下鉄もたくさん走っていますし、乗り換えができる大きな駅もたくさんあります。しかも隣県から乗り換えなしで来ることができる駅も多いでしょう。特に近年は複数の鉄道が直通運転をしています。

2県や3県乗り換えなしで東京都内へ来ることができる鉄道もあります。東京都内に仕事に来る人も多いですし、会社もたくさんあるので、異業種交流会の多くは東京都内で行われているのです。ホームページには、会場まで徒歩何分と記載されているので、便利で駅からより近い会場を選ぶことで、多くの人が参加している可能性も高くなります。

参考HP〈東京で出会いの場を用意している異業種交流会サイト|イベンツ
異業種交流会だけでなく婚活パーティーや国際交流なども開催しています。